室内設置ができるテレビアンテナ【メリットとデメリット】

業者にアンテナ交換をしてもらう~自分で修理を行う場合のリスク~

テレビアンテナを室内へ設置することのメリット

アンテナを室内に設置することで、どのようなメリットがあるのでしょうか。劣化防止以外のメリットについて記述します。

室内設置できるテレビアンテナのメリット

美観性に優れたものがある
室内設置が可能なテレビアンテナは、デザインアンテナと呼ばれる種類のアンテナです。デザインアンテナは、金属の棒を組み合わせたような一般的に見られるアンテナとは違い、薄く小型のアンテナです。場所を取らない大きさであるため、狭い屋根裏への設置も可能となります。一般的な大型のアンテナは、設置することで美観を損ねることがあります。しかし、デザインアンテナは室内設置ができるため、外から見られることがないことから、美観を損ねずに済むのです。
設置が楽
屋外に設置する場合に比べ、室内設置は取り付け工事や配線工事が楽にできるため、時間も掛からず安く設置ができます。また、屋外に取り付ける場合とは違い、安全に点検やメンテナンスができるのも利点です。室外に設置するアンテナとは違い、風で折れて落下しまうこともないので、故障が起きたとしても大きな問題にならないのもメリットといえるでしょう。

電波の受信に注意する必要がある~種類や設置場所を選ぶ~

利点ばかりに見える室内設置ですが、設置することでの注意点も存在します。室内設置を考えている場合は、考慮しておきましょう。

性能の良いものを選ぶ必要がある

室外に取り付ける一般的なアンテナは、「指向性アンテナ」とも呼ばれます。特定の場所に向けると電波を強く受信できるため、そう呼ばれています。一方で、デザインアンテナなどの室内に設置ができる小型アンテナは、「無指向性アンテナ」と呼ばれています。どの方角へ向けても電波の受信はできますが、一般的なアンテナとは違い強く電波を受信できないため、電波の強度が低い地域ですと、テレビの受信ができなくなる場合があるのです。受信感度を高めるためには、電波を増幅させる「ブースター」と呼ばれる機器を使用する必要があります。デザインアンテナの中には、このブースターが内蔵されている機器もあります。どの種類のアンテナがブースター内蔵型か、判別するのは難しいものです。アンテナの取り付けを行なう電気工事業者に依頼しブースターが内蔵されたアンテナを設置してもらいましょう。

設置を行なう場所で変わる

室内にアンテナを設置する場合、屋根裏などの高所に設置するとよいでしょう。テレビの電波は障害物が多いほど減衰してしまうため、低い場所では電波の受信強度が下がってしまいます。高い位置であれば、周囲の建物による減衰が少ないため、高さがあれば比例して受信強度が高くなるのです。また、室内での受信強度は建物の構造によっても変わります。鉄筋コンクリートよりも、木造建築のほうが電波の受信強度が高くなるため、設置する際の参考にしましょう。アンテナの室内設置は室外に設置するタイプよりも電波の受信が難しいため、基本的には強電界地域で使用したほうがいいといわれています。ブースターなどで対応することもできますが、弱電波地域などの場合設置ができない場合もあるのです。室内設置が可能かどうかは、設置をしてくれる電気工事業者に尋ねるとよいでしょう。依頼者の家の電波強度を調べ、室内設置ができるかどうかを教えてくれます。