室内アンテナの電波強度が低い場合~電気工事業者の対策工事~

業者にアンテナ交換をしてもらう~自分で修理を行う場合のリスク~

ブースターの設置工事で電波の受信環境を改善する

室内にテレビアンテナを設置した場合、懸念されるのが電波の受信強度が下がってしまうことです。安定した画質でテレビを視聴できるようにするには、ブースターの設置が効果的です。

ブースターの設置工事を検討する

電波が弱くなるとどうなりますか?
電波の受信強度が低くなると、ノイズによる受信障害が現れます。電波が遮られることで引き起こされるゴーストやスノーノイズとは違い、画像が停止したり、切り絵のように別の画像が現れたりする「ブロックノイズ」が主に現れるでしょう。また、電波の受信状況が非常に悪い場合は、画像自体がブラックアウトし、E202などのエラーコードが表示されてしまいます。
改善するにはどうしたらいいですか?
確実に受信状況を回復させたいのなら、屋外に八木アンテナを設置することが最適です。どうしてもアンテナの室内設置を行ないたいという場合、当社ではブースターの設置によって対処します。屋内型のUHF用ブースターを設置することで、受信レベルを回復させることは可能です。他にも、デザインアンテナのような無指向性アンテナではなく、小型の指向性アンテナ設置などの対策によって、室内に設置ができないか手を尽くします。

折れたテレビアンテナは保険適用されるのか

電卓とお金

テレビアンテナの工事は、アンテナそのものの費用だけでなく、取り付けを行なう電気工事業者への手数料や屋根への工事費用も加算されるため、高額な費用が必要となります。どの家庭でも工事による費用負担が懸念されるでしょうが、保険の利用によってこの問題に対処することができます。

保険が適用される場合について

家に取り付けるアンテナは、建物の設備の一部として規定されています。つまりアンテナが折れた場合、建物の一部が破損したということとなるため、建物損壊について適用される保険が使えるのです。風災や雪災など、自然環境での影響で建物が損壊した場合、火災保険が適用できます。アンテナの経年劣化などによる問題には適用できませんが、台風や豪雪によってアンテナが折れてしまった場合であれば、補償を受けることができるのです。アンテナだけが被害を受けた場合、交換による金額が安い時は火災保険の補償が得られない場合もあります。しかし、屋根瓦の破損や雨漏りなどの屋根の劣化も見られた場合、アンテナ交換の費用も含めた補償を受けられるでしょう。